PatentAdvisor ETA™

LexisNexis PatentAdvisor®は、特許審査官の行動を予測するための、最も有益な評価基準です。
特許審査官の行動を予測
ETA™ は、特許を取得できる可能性と難易度を予測します

Now you can easily, and with more accuracy than ever, predict your assigned examiner’s behavior so that you know how to adjust your prosecution strategy accordingly.

ETAの発明家がこの革新的メトリックについて議論します
審査官の許可率の予測可能性に優れています
ETAは、特許を取得できる可能性と難易度を予測します。
ETAは審査官がどのように行動するかを測定する、PatentAdvisor™特有のアルゴリズムに基づいた独占メトリックです。さらなる注意と慎重に立案された審査戦略を必要とする事案を容易に特定することができる、審査の長さを予測するインジケーターです。
これまでよりも容易かつ正確に、担当審査官の行動を予測できます。
特許審査官の行動を予測
ETAメトリックは色分けされた数字として表されるため、瞬時に識別可能です。
当社はETAデータ点を理解しやすい色カテゴリにさらに分解し、お気に入りのまたはあまりお気に入りでない審査官を割り当てられているかどうかを、もっとも単純な条件で確認しようとしました。
Red = ETA of 6+, indicating a high likelihood of long prosecution length, examiner having less experience, granting less than 15 applications per year, on average

= ETAの 2.6-5.9は、審査にかかる時間が長くも無ければ短くもなく、審査官としての経験も普通で、毎年平均して15-150件の出願を許可していることを示しています

= ETA の1-2.5は、審査にかかる時間が短く、審査官としての経験も豊富で、毎年平均して150件以上の出願を許可している可能性が高いことを示しています

ETA対審査官の許可率
ETAは審査官の許可率より審査官の行動をより正確かつ明瞭に予測しますが、その理由は次のとおりです:
i

すべての継続中の出願を含む

審査官が特許庁に勤務していた期間における要素

審査官の行動によって決定されるのですか提出者の活動ではなく