Legal Analytics®により成功する特許訴訟戦略を策定

Lex Machina™ は訴訟情報をデータマイニングし、何百万ページもの訴訟データから絞り込んで、裁判官、弁護士、当事者、事案のテーマについて今まで得られなかった知見を得られます。

Hogan LovellsはLegal Analytics®で競争力を強化

法律事務所向け

訴訟で勝利

Legal Analyticsは、データの中から過去の訴訟について注目すべき傾向を浮き彫りにします

裁判官に裁判管轄区の移送を承諾してもらえるように説得する必要があるのですか?その裁判官が関わった過去の事案から全ての移送事例のトレンドをご覧になれます。訴訟期間がどの程度かかるか、予測する必要がありますか?  Lex Machinaなら、事実審理までの時間と裁判が終わるまでの期間について、全連邦裁判所判事の細部にわたるデータを提供します。 相手の弁護士について競争力を分析する必要はありませんか?  顧客リスト、係争中の事案数、関連性のある訴訟手続きといったデータを1クリックでお届けします。

顧客の獲得

マーケティングと営業開発により優位性を高める

法律事務所は、Lex Machinaのデータと知見を駆使して、関連する経験を数量化したり、競合他社と比較したり、勝利したセールストークをを素早く組み立てたりすることができます。 特定のテーマに関する専門知識、相手方の弁護士に関する知識、特定の裁判官の面前での経験や能力を示すことができます。

申し立て戦略の立案

申し立ての成功例と失敗例

成功した弁護士がLegal Analyticsを使用して、訴訟に勝利する戦略を策定します。 Motion Metricを利用して、事案に関連する申し立てと命令を特定することが容易になります。Lex Machinaは、申し立ての成功例と失敗例を提示し、申し立て過程のあらゆる側面とその関係をお見せします。

Lex Machina Legal Analyticsプラットフォーム 法曹界からの評価

企業向け

外部弁護士の選択

弁護士を比較し、実際に最も優れた実績を持つ人物を見出す事ができます

訴訟において裁判官に披露できる”広範な専門知識”を持っている、と法律事務所に売り込みをかけられたことはありますか? 各法律事務所の法廷での経験について、事案ごとの結果を含めた、包括的な全体像を見せられるのは、Lex Machinaだけです。御社の顧問弁護士が、他にどの企業をクライアントとしているのかご覧ください。

訴訟案件の早期評価

直ぐに実施可能な知見

訴訟を起こされたとき、原告とその法律事務所についての基本的な疑問は、じっと待ってから金を出して入手するのではなく、即座に解決したいものです。従来のリサーチツールでは、相手側がかかえる事案の一覧を表示できるかもしれませんが、終了までの時間と結果といった情報を事案からワンクリックで得られるのはLex Machinaだけです。

申し立ての戦略

高額な申し立てをするべきかどうか迷っていますか?

Lex Machinaなら、御社の事案に合わせた実例による申し立ての成功率を統計値で提示できます。 ここ5年間にその裁判官が50件中3件しか移送申し立てを許可しなかった場合、申し立てに使う経費を別の戦略に投資できます。

知的財産の取引

買収によって知的財産ポートフォリオの強化をご検討ですか?

デューディリジェンスや競合分析を行っていますか?  あるいは、知財の収益化方法をご検討でしょうか?  特許ポートフォリオ全体の訴訟履歴は、権利行使、侵害の事実認定、無効性、実施不能性、および損害賠償について、回数を含め、一目で分かります。 弊社のPatent Similarity Engineによって検索範囲は拡大し、同様でありながら自明ではない特許を見出す事ができます。 潜在的ライセンスの訴訟実績を分析できます。 宣言判決の要求回数、ロイヤルティに関する訴訟回数、ライセンス範囲の逸脱回数を知る事ができます。 攻撃的に無効クレームを追求せずに、すぐに示談に持ち込む企業を検索できます。

同業者ベンチマーク

同業者が使用する法律事務所、事案数、事実審理までの期間、特許無効性の結果等を検索できます

業界の同業者の2倍もの訴訟費用がかかっているのでは、とご心配ですか?Lex Machina独自のPeer Company Analysisによって、御社の訴訟過程と結果について同業者との比較を素早く効率的に得られます。

[if lte IE 8]
[if lte IE 8]