Lex Machina

Lex MachinaのLegal Analytics®によってリスクを低減し、意思決定を立証

  • 概要
  • 企業向け
  • 特許・法律事務所向け
  • 知財戦略で勝利するためのLegal Analytics®

    Lex Machinaは訴訟情報をデータマイニングし、何百万ページもの訴訟データから取捨選択して裁判官、弁護士、当事者、事案のテーマ自体について今まで得られなかった知見を明らかにします。 こうした知見は、データにおける意味あるパターンの発見とコミュニケーションが必要な分析を伴うため、Legal Analytics®と呼びます。

    Legal Analytics®を活用すれば、競合の厳しいビジネス環境や法律実務において勝利を収められます。

    企業向けLex Machina

    企業の顧問弁護士はLex Machinaを活用して外部弁護士の選択・管理を行い、訴訟戦略・戦術を決定します。

    詳細
    法律事務所向けLex Machina

    法律事務所では、Lex Machinaを活用して新規クライアントへの売り込み・獲得を行い、訴訟で勝利します。

    詳細

    Legal Analyticsのデモについてお問い合わせください

    Lex MachinaのLegal Analyticsを使ったデータ駆動型の知財ビジネス戦略によって、訴訟に勝ち、取引を成功させ、知財価値を最大化する方法をご紹介します。

  • 事実、 知的財産は収支決算に直結します。

    収益や株価といった企業の成功は、主に新規性のある製品やサービスを生み出す能力にかかっていました。 取締役や役員は知財を重要と考えていながら、防御の姿勢です。

    今日では、新しい特許や著作権、商標の保護がビジネスの計画・遂行に欠かせません。

    知的財産のライセンスや売買は収益に直接影響を与えます。 知財訴訟は、貴重なリソースを使い果たし、大成功か、もしくは会社の存続を危険にさらす結果をもたらします。 実際、ここ35年ほどで、無形資産はS&P 500の市場価値の17%から80%に増大しました。
    Lex Machinaによって、企業はデータ駆動型の知財ビジネス戦略を立案し、訴訟に勝ち、取引を成功させ、知財価値を最大化できます。

     

    Lex Machinaのデータ分析のデモで、成功する知財戦略作成に導く知見獲得方法をご覧ください

    機能

    外部弁護士の選択

    訴訟において裁判官に披露できる”広範な専門知識”を持っている、と法律事務所に売り込みをかけられたことはございますか? 各法律事務所の裁判官の面前での経験について、事案ごとにクライアントを勝訴に導くことを含めた包括的な全体像を見せられるのは、Lex Machinaだけです。 御社の顧問弁護士が、他にどの企業をクライアントとしているのかご覧ください。 弁護士を比較し、実際に最も優れた実績を持つ人物を見出す事ができます。

    訴訟案件の早期評価査定

    訴訟を起こされたとき、原告とその法律事務所についての基本的な疑問は、じっと待ってから金を出して入手するのではなく、即座に解決したいものです。 従来のリサーチツールでは、相手側がかかえる事案の一覧を表示できるかもしれませんが、その終了と結果までの平均期間といった訴訟を提起できる知見までワンクリックで得られるのはLex Machinaだけです。

    申し立ての戦略

    お金のかかる申し立てをするべきかどうか迷っていますか? Lex Machinaなら、御社の事案に合わせた実例による申し立ての成功率を統計値で提示できます。 ここ5年間にその裁判官が50件中3件しか移送申し立てを許可しなかった場合、申し立てに使う経費を別の戦略に投資できます。

    知的財産の取引

    買収によって知的財産ポートフォリオの強化をご検討ですか?  デューディリジェンスや競合分析を行っていますか?  あるいは、知財の収益化方法をご検討でしょうか?  特許ポートフォリオ全体の訴訟履歴は、権利行使、侵害の事実認定、無効性、実施不能性、および損害賠償について、回数を含め、一目で分かります。 弊社のPatent Similarity Engineによって検索範囲は拡大し、同様でありながら自明ではない特許を見出す事ができます。 潜在的ライセンスの訴訟実績を分析できます。 宣言的判決の要求回数、使用料に関する訴訟回数、ライセンス範囲の逸脱回数を知る事ができます。 攻撃的に無効クレームを追求せずに、すぐに示談に持ち込む企業を検索できます。

    同業者ベンチマーク

    業界の同業者の2倍もの訴訟費用がかかっているのでは、とご心配ですか?  Lex Machina独自のPeer Company Analysisによって、御社の訴訟過程と結果について同業者との比較を素早く効率的に得られます。 同業者の法律事務所、事案数、事実審理までの期間、特許無効性の結果等を検索できます。

  • Lex Machinaは弁護士をより優れた弁護士に

    激しい競争下で勝訴の確率を上げる方法とは?

    伝統的に、弁護士は法律検索と論理的思考という2つの主要なスキルを組み合わせて戦ってきました。 ところが、現在では弁護士業に3つめのスキルが必要です。 Legal Analyticsによって、ビジネスと弁護士業に重要な優位性が得られます。 Lex Machinaなら、データを基にした知見によって、法律事務所は新規クライアントへの売り込み・獲得を行い、訴訟で勝利します。

    Legal Analyticsによって勝率が上がるLex Machinaのデモをご覧ください

    Legal Analyticsでは見えないものが見えるようになるため、秘められたチャンスが分かります。

    機能

    顧客の獲得

    競争力はマーケティングと営業開発で高まります。 法律事務所はLex Machinaのデータと知見を駆使して関連訴訟手続きを定量化し、競合事務所と比較して顧客を勝ち取るセールストークを素早く判断できます。 そのため、特定のテーマに関する専門知識、相手当事者と弁護士についての理解、特定の裁判官との経験、活用できる処理能力を立証できます。

    訴訟で勝利

    Legal Analyticsは、データの中から以前の訴訟について意味のあるパターンを浮き彫りにします。 裁判官に裁判管轄区の移送を承諾してもらえるように説得する必要があるのですか?  その裁判官が関わった以前の事案から全ての移送事例のトレンドをご覧になれます。 訴訟期間がどの程度かかるか、予測する必要があるのですか?  Lex Machinaなら、事実審理までの時間と裁判が終わるまでの期間について、全連邦裁判所判事の細部にわたるデータを提供します。 相手の弁護士について競争力を分析する必要があるのですか?  顧客リスト、係争中の事案数、関連性のある訴訟手続きといったデータを1クリックでお届けします。

    申し立て戦略の立案

    勝訴する弁護士は、Legal Analyticsを駆使して成功する申し立て戦略を立案します。Motion Metricsは、御社の事案に関連する申し立てや命令を簡単に特定できます。 Lex Machinaは、申し立ての成功例と失敗例を提示し、申し立て過程のあらゆる側面とその関係をお見せします。